歯の矯正はどのくらいの期間を要するの?

大体2年~3年程度、けれどあくまで【取り付けている期間】の話

人によって歯並びは違う為、治療法は勿論、掛かる期間も変わってくるでしょう。ですが、一般的に2年~3年程度と言われているのは装置を付けている期間の事を指しています。なので装置を付ける前、装置を外した後の期間は含まれていないのです。矯正装置を取り付ける前にやらなければならない事、装置を外した後にする事を含めて治療期間ですから、最低でも5年~10年に及ぶ事もあるようです。

その上、歯並びは人によって違いますから、当然掛かる期間も違ってきます。若年層であれば歯茎も柔軟に動くことが出来るのでそれ程期間も長くならずに治療できますが、年齢を重ねるにつれ歯茎が固まってきてしまう為治療期間が長くなってしまう傾向にあるようです。

実際の矯正治療ってどんな流れなの?

まず、歯の矯正を受けるために精密検査をする必要がある為、お口や顔を撮影し、歯型を採取してから初めて矯正装置を取り付けます。これだけで長くて3か月~半年程掛かるとみていていいでしょう。

そして装置を取り付けてから月毎に装置の調節をしつつ経過を観ていきます。前回より少しずつ綺麗な歯並びに近づいていく様を実感しながら2年~3年経過した後、いよいよ矯正装置を外します。

そして、綺麗になった歯並びが戻らないように整った歯並びの型を取り、元に戻らないように透明な歯型を日常的に取り付けて生活していきます。実はこの段階に具体的な期間はないのです。金具よりも簡単に取り外しが可能な為、少しでも外しているといざ取り付けた際、歯が痛むようになるんです。これは歯が元に戻ろうとしている為に歯型とずれてしまう事で起きるのです。その為、理想の歯を維持する為によりずっと長い間取り付ける必要があるのです。