歯の矯正はいくらかかるの?

歯の矯正には2種類あります

綺麗な歯並びは人に与える印象がよく、噛み合わせが正しくできることで体の健康にもつながります。そこで歯並びが美しくなるように行うのが歯の矯正です。歯の矯正には永久歯が生えない子供の頃から行うものと、永久歯が生えそろってから行うものの2種類があります。
子供の頃から始める矯正はつけ外しができるプラスチック製のもので、あごの骨格を広げて永久歯が生えるスペースを作るものです。永久歯が生えそろうまでの長い期間装置をつけることになりますが、つけ外しできて洗浄も簡単にできます。
永久歯が生えそろい、あごの成長が終わってからはワイヤーの入った固定の装置で本矯正をします。永久歯が生えそろうまでにきちんとした歯並びになればこの本矯正は必要なくなる場合が多いです。

実際に費用はどれくらいかかる?

歯の矯正は保険は適用できない自費診療となります。
子供の頃から始める矯正では器具の費用に30万円から50万円程度かかります。これはあごが広がるにつれて上下2回から3回器具を大きなものに作り替える費用です。このほか月に30000円から5000円ほどの診察料やの検査料費用がかかります。歯科矯正が終わるまでの費用はおおむね50万円から75万円ほどです。
永久歯が生えそろってからの本矯正では器具代に40万円から60万円ほどと毎月の診察費や検査費がかかります矯正が終わるまでの費用は80万円から100万円程度となるでしょう。
期間は長くかかっても費用面では子供の頃から始める方がお得になります。また本矯正のように抜歯が必要になることもないので全ての永久歯を残せるのもいいですね。