どこまで歯並びが乱れたら歯の矯正をした方がいいの?

口中の最悪な環境は、本人にしか分からない

テレビや雑誌などで顔がアップされる芸能人の、きれいな歯並びにうっとりする人も多いのではないでしょうか。きれいに揃った歯並びは理想です。
日本人は八重歯を可愛いと感じるなど、世界の他の国と比べても、歯並びに関して寛容なところがある国民性です。でも近年は、日本でも歯列矯正への関心が高まってきているようです。
乱れた歯並びの弊害は、第一に食べ物が詰まりやすく虫歯や口臭の要因になることです。
一旦物が詰まってしまうと、歯並びの悪さのために自然に取れることはほぼ期待できず、爪楊枝でも取れない時があります。歯磨きができない状況では、詰まった箇所が気になり、舌先で取ろうと人知れず奮闘することになります。
また、普段から歯並びの乱れた箇所が気になり、無意識に舌先でその部分を触っていたりします。舌先は敏感です。自分の口の中の環境が如何に悪いか、鏡で視覚で確認する以外にも、舌先からの触覚で伝わってきます。
この口中の劣悪な環境を直したい! 心底そう願うようになった時が、歯列矯正を決断する時なのかもしれません。

自分の口元に向けられる他人の視線

歯並びのきれいな人が思いきり笑ったり歌ったりしているのを見ると、歯並びの悪い者は羨ましくて仕方がありません。
コンプレックスが強いために、人前で大きな口を開けることができません。歯を見せることに躊躇します。他人の視線が自分の口元に向けられるのを、今までの経験で思い知らされているからです。
食事を誰かと共にしている時も同じです。前歯が出ていたり、乱杭歯で凹凸が激しかったりすると、前歯の歯間に食べ物が張り付いてしまい、自分でも気付かぬまま、一緒に食事をしている人に不快な思いをさせていたということも往々にして起こります。
常時口元を気にしている自分。人の視線を気にせずお喋りしたり笑ったりしたい。このコンプレックスは、歯列矯正に踏みきる勇気と、決して安くはない費用を捻出できれば、消去できるコンプレックスです。
コンプレックスを無くしたいとの思いが高まった時が、歯列矯正を始めるタイミングなのかもしれません。